045-323-1131
045-323-1131
医療法人博仁会 ハマノ産婦人科は、『戸部駅』下車徒歩3分にある産婦人科診療・皮フ科診療専門のクリニックです。

医療法人 博仁会 ハマノ産婦人科

ご予約はこちら

不妊治療

不妊治療は、現在、非常に多様化しており、患者様は治療に対し、様々なお悩みをお持ちです。当院では、患者様と良く話し合い、 充分に納得した上で最善の治療法をご提供したいと思っております。最近では、特に、二人目のお子さんができないご夫婦からのご相談が多く、患者様のお考えに合わせて、治療を進めておりますので、お気軽に受診してください。

当院2階には、人工授精や通水検査を行う不妊治療専用ルームを完備しております。
*不妊外来は、「水曜日の午後」「土曜日」は休診とさせていただいております。

不妊検査

  • 基礎体温測定:患者様ご自身で測っていただきます
  • ホルモン採血検査;卵胞の発育、排卵に関係する各種血中ホルモン測定
    LH、FSH、PRL、E2、P
  • クラミジア検査:性感染症の一種。卵管閉塞、子宮外妊娠、流産などの原因になります(保険3割負担の方の場合 1140円+初診料)
  • 精液検査:精子の数、運動率を調べ、受精能力を予想します (保険3割負担の方の場合 310円)
  • 頸管粘液検査:ホルモンの働きで排卵時期に増える透明な粘液の検査です
  • 通水検査:月経終了時に、生理食塩水を子宮、卵管に通して通過性を調べます。当院では、痛みが強い方には、麻酔を使用します。
  • 超音波検査:卵巣の卵胞の発育や、子宮内膜の厚さをチェックします

当院の不妊治療

  • タイミング法

    粘液(おりもの)の状態や卵胞の大きさなどから、排卵日を予測して、その日に夫婦生活を営んでもらう事で自然妊娠を目指す方法です。 排卵がない場合や、排卵の状態がよくない場合には、卵胞の発育と排卵をうながすよう、排卵誘発剤を併用する方法もあります
  • 排卵誘発

    排卵が正常に行われていないことが判明した場合に、薬で排卵をコントロールする治療法です。 薬物は内服薬から注射まで、さまざまな種類があります。 副作用は、まれに卵巣の反応が良すぎて大きく腫れたり、ひどいときには腹水が溜まることがあります。
  • ホルモン療法

    ホルモン剤を投与することで、月経周期を整え自然に妊娠しやすくなるように促す治療法です。 妊娠をつかさどるさまざまなホルモンのバランスを整えることが目的です
  • 漢方療法

    当帰芍薬散 (保険3割負担の方の場合 4週間分で770円+再診料380円) 瘀血(古い血)による冷えによって、子宮、卵巣の血流が低下すれば、卵胞発育が遅れ、無排卵となったり、卵子の質が低下する可能性があります。また、子宮頚管の粘液分泌低下、子宮内膜が薄くなり着床障害の原因となる可能性などが考えられます。
    不妊治療でよく使用される当帰芍薬散は、動物実験において、排卵時に卵巣から分泌されるエストラジオールが上昇するなど科学的にも冷えを解消する効果が証明されています。
    *その他の漢方治療 →詳しくはコチラ  
  • 人工授精

    調整した精子を子宮の中に直接注入して、受精を促す治療法です。排卵日を狙って行うことで、受精する確率を高めることができます。妊娠率は約10%です。 人工授精は6回目までが有効と思われ、7回以上行っても妊娠できない場合には、高度生殖医療にステップアップすることも選択肢の1つにあがってきます。 費用 1周期あたり 約19000円(材料費や薬代含)です。 *現在、当院では体外受精はおこなっておりません。

卵胞発育・成熟に関する主な薬剤

  • クロミッド

    月経5日目より5日間内服します。作用機序は視床下部で内因性エストロゲンと競合的に受容体と結合してGnRH分泌を促し、結果、下垂体からのFSHとLHの分泌を増やして卵巣を刺激する、「排卵誘発剤」といわれています。
  • セキソビット

    月経3日目もしくは、5日目から5日間続けて飲む事が一般的です。視床下部の脳下垂体に働きかけ卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を促し、卵胞を発育させます。卵巣過剰刺激症候群や頸管粘液減少、子宮内膜が薄くなる等の副作用が少ないマイルドな排卵誘発剤です。
  • HMG注射

    排卵誘発剤としてLH・FSH=1:1の割合で含まれている卵胞発育のための注射(筋肉注射)です。卵胞の発育程度により、投与量は、増減する場合があります。
  • FSH製剤:(フォリルモンP注射)

    卵巣を直接刺激して卵胞発育を促します。生理開始2~7日目頃から使用して卵子の発育を促し、hCG製剤に切り替えて排卵を起こし、妊娠率を向上させます。
  • HCG注射

    HMG注射は卵胞を育てるために使うものですが、HCG注射(成分はヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)は、育てて大きくなった卵胞を排卵させるために使う注射です。
    HCG注射をすると、通常注射のあと24~40時間くらいに排卵が起こるといわれています。この作用を利用して、タイミングや人工授精を行います。
    また、黄体機能不全などには、黄体ホルモンを補充するためも使用します。
  • メトホルミン:(メトグルコ、グリコラン)

    一般的には、糖尿病の薬ですが、多嚢胞性卵巣(PCOS)で、排卵に問題がある女性において、卵巣ホルモンの分泌異常を正常化し、排卵障害を改善する効果があります。 クロミッドのみでは排卵できなかった方でも、メトホルミンを併せて内服すると排卵できる確率が高まると言われています。

男性不妊

原因

  • 先天性の原因:遺伝要因や、発育段階で受けた影響による性機能不全(ED、早漏、遅漏、オルガスムス障害、射精困難)
  • 後天性の原因:ストレス、アルコール、喫煙、肥満、糖尿病、精巣機能障害、精子産出や射精に関するトラブル。

検査

  • 精液検査:量、pH、濃度、奇形率、運動率など

漢方治療

  • 補中益気湯

    疲労、食欲不振の方にお勧め。
    肉体的な疲労、EDなどに有効です。
  • 人参養栄湯

    体力が落ちて、疲れやすい方にお勧め。体力低下、性的意欲、精液所見の改善に有効。
  • 桂枝茯苓丸

    運動不足、座りすぎによる骨盤内のうっ血がある方にお勧め。前立腺の軽い炎症に有効。
  • 柴苓湯

    前立腺に強い炎症がある際に、抗生剤と併用して使用します。精子奇形率の改善と、自己免疫性の抗精子抗体のコントロールに有用と言われています。

不育症

妊娠されても流産のために途中で赤ちゃんを失う事は本当に悲しく、つらく、悔しいものです。
当院では反復流産、習慣性流産の患者様に適切な不育症検査を行い、ホルモン療法、抗凝固療法、葉酸治療、漢方療法でなどで、全力でサポートさせていただきます。

不育症の原因

  • 染色体異常
  • 子宮形態異常
  • 内分泌異常
  • 凝固因子異常
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • 拒絶免疫異常

抗凝固療法

血液凝固異常や自己免疫異常を認める場合は、血栓ができやすく、胎盤の母体血液から酸素や栄養のやりとりをする場所に血栓が生じると、血液循環が阻害され、胎児に酸素や栄養が行き渡らなくなり、胎児死亡・流産が起こります。
こうした原因による不育症に対して、アスピリンを用いた抗血栓療法を行います。

  • 低用量アスピリン療法
    アスピリンは抗血小板薬です。血小板が活性化、凝集することを抑える事により、血をさらさらにします
    アスピリン(100mgまたは、81mg)を1日1錠内服していただきます。

葉酸欠乏症

  • フォリアミン錠
  • サプリメント

漢方薬

当院では漢方薬も積極的に取り入れて治療を行っています。→詳しくはコチラ

ストレスと不妊症、不育症

ストレスが不妊症の原因になったり、流産の原因になる事はあると思われますが、それを客観的に証明する事は困難です。仕事のストレスで性交回数が減ってしまうようなら、関係はある事になるでしょう。また、不妊そのものが、ストレスになっている場合も多いと思われます。

ストレス解消の方法

  • できるだけ、普段どおりの規則的な生活を続ける
  • ストレス解消になるものを見つける
  • 夫婦のコミュニケーションを増やす。
  • 日ごろから歩いたり、軽めの運動して、身体を温めることで、血行を良くする。

不妊症・不育症に効果的な漢方薬

  • 当帰芍薬散

    やせて体力のない方におすすめ。血行障害やうっ血などを表す「血(けつ)」の不足を補い、血液の巡りをよくして、体を温める「駆瘀血剤(くおけつざい)」です。
  • 柴苓湯

    自己免疫異常が疑われる方に有効です。血液以外の体液全般に相当し、水分代謝や免疫システムなどに係わっているものとされている「水(すい)」。この「水(すい)」の循環を改善させて、過剰な水分を取り除く働きをします。
  • 温経湯

    冷え症で体力がなく、皮膚が乾燥する人におすすめ。漢方でいう「血(けつ)」の量が不足した「血虚(けっきょ)」を改善する薬です。全身の状態をよくすることを期待して、不妊症に悩む方にも用いられています。
  • 桂枝茯苓丸

    体力が中以上で、赤ら顔、のぼせやすいのに足が冷え、下腹部が張る感じがする人に向くお薬です。「血(けつ)」が滞っている状態の「瘀血(おけつ)」を、改善する「駆瘀血剤(くおけつざい)」の代表的なものです。月経異常・更年期障害・頭痛、肩こり、めまいなどを改善します。
  • 補中益気湯

    気力がわかず、だるくて疲れがとれない方にお勧め。血行改善や水分循環・胃腸の働きの活性化に効果的
〒220-0041 神奈川県横浜市西区戸部本町24-1
京浜急行「戸部駅」下車 徒歩3分
アクセスの詳細はこちら
PAGE TOP